① 心専門

近年「心」をテーマにした業界は、社会的なニーズも高まりも相まって、急速に拡大しています。

コーチング
カウンセリング
コンサルティング
マインドフルネス
人材採用
人材育成
心理セラピー
占い
スピリチュアリティ
などが代表的なものです。(宗教は除く)

そんな心業界において、
&Uは、より広いステージで活躍したいと願う講師やアクターにとっての
エイベックスのような存在を目指しています。

パートナー講師と共に未来を描き
バックオフィス業務、
コンテンツ制作サポート、
プロモーション、また有名編集者との書籍出版契約を実現するなど、
講師が活躍するステージを生み出す、総合プロデュース事業をしています。

現状は、心専門の動画企業として
日本最大の企業のうちの一つになりました。

これからさらに
心業界のエイベックスに近づいていきたいと願っています。

② コンテンツビジネスを極める

&Uは、動画コンテンツ・コンテンツの書籍化・受講者さんのサポートコミュニティ・WEBメディアの制作など、分野の垣根を超えて、コンテンツビジネスを極め続けています。

二百冊以上の本を書いている、ベストセラー作家で大学教授の方や
アメブロのオフィシャルブロガーなども
パートナー講師として&Uに深くかかわり、一緒に動画講座を制作してくれています。

その結果、&Uに所属してくださっているパートナー講師は
動画コンテンツを制作することで、3万名以上の生徒さんに講座を提供できたり
書籍の商業出版契約を有名編集者さんと結ぶことが出来ています。

&Uは、スピリチュアルや自己啓発業界などによくあるような
一人のカリスマ講師を崇め
その人を中心に成り立っている企業ではなく
複数の講師がさまざまな個性を活かして輝いている会社を目指しています。

このようなスタンスの会社としては
国内の心業界で最も大きな会社であり
私の知る限り、ここまでのサービスを提供している会社は弊社以外にありません。

心の学びを求めている方に、最高の習得体験を提供できるよう、
コンテンツビジネスを極めたいと考えています。


③ 子供も仕事も大切!

&Uは働きたい女性にとって最高の会社であるように努めています。

私らしく輝くことも
子供と一緒にいることも
女性として美しく生きることも
ぜんぶ大切にできる会社を
一緒に作ってくれる
活躍できる人を求めています。

多くの女性スタッフから「こんな働き方があったなんて」という言葉を頂いています。

女性スタッフも、もちろん男性スタッフも、生き生き自分らしく働く会社です。

詳細はこちら

④ 不動のニッチNo1

小さなことでも、何かの分野を極めていこう、そんな思いで
&Uはニッチのシェア No1を目指しています。

たとえば、わたしたちが知る限りNo1なのは…

・心業界において スタッフ数No1
・心業界のスクール制作 売上No1
・占いの専門家を育てる会社 売上No1
・プロを育てる講師さんのサポート充実度No1

これからは以下でNo1を獲得していきたいと考えています。

・心の専門家教育 シェアNo1
・SNSビジネス教育 シェアNo1
・心のセラピスト教育 シェアNo1
・初期仏教教育 シェアNo1(※)
・パートナー講師の出版書籍部数No1
・パートナー講師へのサポート充実度No1
・国内コンテンツの海外展開サポート充実度No1

※宗教(入信を求める勧誘を行っている宗教法人)と関りを持つ事業は行っておりません。

心業界や、心のサービスを求めている人たちに、価値あるサービスをお届けすることで
着実に会社も成長する。

&Uは一歩一歩、着実な豊かさを大切にしている会社です。


⑤ TOP5%のワークスタイル

&Uでは常に人材採用市場において「TOP5%に入るワークスタイル」を基準にお仕事環境を改善しています。

たとえば、現在は以下を実現しています。

・全員、働く場所はどこでもOK!
実際に海外在住者、自宅や旅行先で仕事するスタッフがいます。

・働く時間も自由♪
期限さえ守れば、いつ仕事してもOKです。
お休みも自分で決めて調節して確保できます。

・お仕事の拒否の自由
すべてのお仕事は拒否することができます。

・自分でキャリアを決められる
お仕事を初めて1年ほど経ち、社内のことが分かってきたら、自分でキャリアを描くことができるようになります。

詳細はこちら

⑥主婦のキャリア採用

主婦でもキャリアコースに入れます。
育児や出産でキャリアから外れることもありません。

うわべだけの女性参画ではなく、実際に女性が活躍しています。

現在も&Uで働く人たちの85%が女性スタッフ、
そのうち約40%が子育てと両立しながら自宅でお仕事をしています。

マネージャーや経営陣の7割以上は女性であり、
かつ、子供の行事に出席したり、子供のペースに合わせて仕事ができています。

詳細はこちら