&Uがこれから成長していく中で、法務部門のニーズや活躍度合いも増えていきます。

これまでに培った法務知識や経験を活かして活躍できるメンバーさんを募集しています!

社内のニーズや会社方針を理解して、顧問弁護士さんや司法書士さん、他部署のメンバーと上手に連携・調整しながら、会社が前に進むための解決策を見出していくお仕事です◎

【募集職種】
法務部門ディレクター

これから&Uが成長・発展していく中で、会社の拡大方針や意図を理解して、

&Uのメンバーさん(個人事業主)が安心してお仕事していただけるように契約を管理したり、社内の他部門からの相談を受けたり、

新しいプロジェクトを進める際に情報を集めてきてリスク検討したり、

必要に応じて顧問弁護士・顧問司法書士の方々から必要なアドバイスをもらってきたり、

会社の利益や関係者を法務面から支えるお仕事です。

 

会社の中枢部門に近く、経営方針などに触れる機会も多い、やりがいのあるお仕事です。

応募条件・報酬など

【求める人物像・今回募集している方のイメージ】こんな方を求めています!
  • 企業法務の知識や経験がある(資格は問いません)
  • 文字コミュニケーションが得意、文章から相手の大体の意図が分かる
  • 正確なお仕事振りを評価されたことがある
  • ものごとを柔軟に考えることができる
  • 調べものやリサーチが好き・得意
  • 問題や課題について、専門家から上手にアドバイスをもらって落としどころを検討できる

イメージ:企業の法務部門や弁護士事務所でお仕事していた、など、企業法務の知識や経験がある(資格は問いません)。

これまでの法務分野でのご自身の経験を活かして、心業界の企業で在宅でお仕事してみたい。会社の中枢機能に近いバックオフィス部門で、会社の発展に関わりたい。

 

あると嬉しい条件
  • 多面的にものごとを考えるのが好き
  • 日常的にメリット・デメリット検討をしている
  • ルールを理解した上で、解決策を見出すのが楽しい
  • 調整力がある(外部・内部メンバーとの連絡・連携が発生します)
  • 法人の立ち上げに関わったことがある
  • 企業法務の経験がある方を希望していますが、同等の知識・経験がある方、または適性がある方にも応募いただけます◎

(経験が少ない場合、法務アシスタントからのスタートとなります)

 

【報酬】※1
  • 時間報酬1200円~

※上記は目安・一例です。能力や経験、成果や貢献度により異なります。詳細については、面談の上決定します。

 

【ワークスタイルについて】
  • 完全リモートです ※2
  • 出勤ナシ、時間の自由は比較的効きやすいお仕事です。ご自身のタイミングで働いていただけます。
  • 休暇等もフレキシブルに取っていただけます ※3
    (もちろん、責任を果たしたうえでですが、通常の企業に比べてはるかに取りやすい環境です。実際に一般的に忙しいと言われるマネージャー陣でも休暇を取っています。)
  • 最初2~3か月はお試し期間として月50時間以上コミットいただきたいです(報酬・時間の詳細は応相談)
  • 月60時間程度からでも可能です ※4

 

【応募条件】
  • 最初は副業的に始めていただき、お互いに合うと思った以降に本格的なお仕事スタートとなります
  • &Uとご自身のキャリアの両方を大切にできる方 (自分の活躍しか考えていない、&U全体の成長も大切にできない方はご遠慮ください。)
  • 下働きでも丁寧にこなして、着実に一歩ずつ積み上げることができる方 (最初はご自身の実力と&Uの状況の一致によって役割がきまります。それが下働きの場合もあります。ただし、その役割が長期的である場合は、事前にお伝えいたします。)
  • 特にこのお仕事は男性・女性を問いません。男性でもOKです。ただし、働きたい女性の多い会社ですので、指揮系統と上下がはっきりしている男性的な文化を求めていらっしゃる方には合わないかもしれません。

 

〇弊社独自のポリシーや条件など
  • 在宅ワークで個人事業主としての契約になります。 (なぜだろう?と思った方は動画を参照ください。)
  • 雇用ではないので福利厚生はありませんが、末端のスタッフでも在宅ワークとしては比較的厚遇※① の時間報酬1080円以上のスタートです。 お互いに継続していけることが確認できると記載されている時間報酬※①、もしくは、互いに交渉で設定した時間報酬に増えます。
  • 個人事業主なので依頼されたお仕事を断る権利があります。
  • 通常の雇用契約では「指揮命令に従う」という一文にサインをするものです。弊社ではこの指揮命令に従うという関係が企業と従業員の関係を悪化させる原因と考えております。個人事業主と発注者という自由で対等な関係の下、話し合いを行い、お仕事を断ってもよいという自由をお互いに確認しあっております。この制度は実際に使われており、定期的に仕事を断るスタッフがいる状況です。

※1.報酬についての補足
※① 在宅ワークはそのほとんどが在宅でできるという価値があるため、最低時給を割り込む仕事がほとんどです(ほとんどの在宅ワークが成果報酬の個人事業主で、雇用ではないので最低時給を割り込んでも法的にも問題がない状況です)。 弊社は「在宅ワークでも、通常の仕事と同水準の報酬」を実現しております。末端業務レベルのスタッフでも時間報酬1080円からです。

  • 末端業務のスタッフでも職業技術を高めることでプロとして継続できる時間報酬(2000円)に到達できる制度を用意しており、末端業務からスタートしてキャリアを成長させて1200円から2400円まで時間報酬が増えたスタッフもおります。もちろん、ご自身の職業能力や成果により、これ以上も可能で、時間報酬幅は現在1080円から12,000円までです。在宅ワークでありながら、月68万円を超える報酬を得ているスタッフもおります。在宅ワークでキャリアを積み上げられる希少な仕事です。
  • 通常の業務委託の場合はミーティングには時間報酬は発生しないものですが、弊社では密な連携と話し合いのために時間報酬を発生させております。必要な話し合いを集中して行っていくためです。弊社にかかわる仕事はすべて、時間報酬が発生します。(実際の制作業務以外の部分(ミーティングや資料作成など)にも時間報酬が発生します。)
  • お互いに継続できることが確認できるまで、時間報酬が多少下がる場合があります。

※2 働く場所についての補足

  • ネット環境さえあれば基本的に働く場所は自由です。日本国内、または世界中どこでもOKです。(実際に海外在住のスタッフが大きな活躍をしています。)
  • 職種によって、働く場所が限定される場合もあります。

※3 働く時間と休暇・休日に関する補足

  • お互いに話し合い、スケジュールを調節する文化があります。(成果が上がっていたり、業務に差支えがないように調節できていればどこまでも自由なお仕事です。ほとんどの主婦メンバーが子供の行事にきちんと参加できていますし、スケジュールが合わないとミーティングにも出席しないことができています。)
  • 休暇や旅行に関しても互いに調節しています。(一年に複数回の長期の旅行に行くスタッフが複数名います。希望を最初に聞き、お互いに合わせていけるかの見通しを立てます。また、旅行先で「ちょっと仕事したいなー」と希望してミーティングに出席したり、お仕事しているスタッフもいます。必要なタイミングだけ働いているスタッフもいます。決まった拘束時間がある仕事ではなく、自由がベースのお仕事です。もちろん、たくさんお仕事を引き受ければ忙しくすることもできます。)
  • 実際に担当する職種によって、働く時間帯やシフトが固定されている業務も一部あります。

※4 稼働時間に関する補足

  • 担当いただく業務内容によって、月160時間以上稼働いただける方を優先的に検討する場合があります。(ただし、個人的な事情がある場合は考慮しますので、ご相談ください)